お役立ちガイド

「中小企業から日本を元気にプロジェクト」 公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

2023年10月03日(火)

失敗しない人材採用!戦略設計から面接の方法までを徹底解説


企業の成長に欠かせない人材採用。

自社のニーズにマッチした人を採用し、長く働いてもらうためには、求人募集をする前から入念な準備が必要です。

今回は、上手な人材採用の流れと方法について、詳しく解説します。

人材採用の流れ

新しい人材を採用する際には、いくつかのステップを踏むことが一般的です。以下では人材採用の基本的な流れを説明します。

戦略設計

まず初めに、企業の採用戦略を設計します。どのポジションに人材を必要としているのか、どのようなスキルや特性を求めるのかを明確にし、採用活動の方向性を定めます。戦略設計の段階では、長期的なビジョンや目標に基づいて人材のプランニングを行います。

求人募集

求人募集は、適切な候補者を集めるための重要なステップです。求人広告を作成し、求人サイトや社内ネットワークなどで公開します。また、過去の応募者やリファラルなども活用して、多様なターゲットにアプローチします。

面談/選考

応募者からの応募を受けて、面談や選考を行います。面接や試験、課題などを通じて、候補者のスキルや適性、文化フィットを評価します。複数の面談ラウンドや選考ステップを経て、最適な候補者を選定します。

内定

選考プロセスを経て、最終的な候補者に内定を出します。内定は、企業から候補者に対して採用を希望する意向を示すものです。内定を受けた候補者は一定期間内に受諾するかどうかを検討します。

内定承諾

内定を受けた候補者が企業のオファーを受諾するかどうかを決定する段階です。

候補者がオファーを受諾すれば、採用が確定します。この段階で雇用条件や入社日などの詳細が最終的に合意されます。

入社

いよいよ候補者が正式に入社となります。入社後のフォローアップやトレーニングも行い、候補者が成果を出せるよう支援することも重要です。

これらのステップを適切に進めることで、優れた人材を効果的に採用し、企業の成長に貢献することができます。

採用戦略の立て方

目標の設定と戦略の明確化

まず最初に、採用活動の具体的な目標を設定しましょう。どのような人材をどれだけの数採用するのか、いつまでに達成したいのかを明確にします。

その後、目標を達成するための戦略を検討し、チーム全体で共有することで方向性を確定させます。

人材要件・報酬の定義

求める人材像を明確に定義することは、採用戦略の基盤となります。必要なスキル、経験、資格などを明示し、それに基づいて候補者を選定します。

また、適切な報酬体系を設計することも重要です。競争力のある給与や福利厚生が、優秀な人材を引き寄せます。

ターゲットオーディエンスの定義

どのような人材を採用するのかを明確にするために、ターゲットオーディエンスを定義します。業界や職種に応じて、求める人材の特性やスキルが異なるため、ターゲットオーディエンスの特徴を理解することが重要です。。

募集方法やチャネルの選定

求人広告、採用イベント、人材紹介会社など、様々な募集方法やチャネルが存在します。

ターゲットオーディエンスの特性や行動パターンに合わせて最適な方法を選びましょう。複数のチャネルを組み合わせることで、幅広い人材にアプローチすることが可能です。

応募者選考プロセスの設計

採用プロセスを効果的に設計することで、適切な人材をスムーズに特定し、採用につなげることができます。

選考基準や選考方法、面接のステップを明確にし、公平で客観的な選考を行うよう心がけましょう。選考プロセスは、会社の信頼性と候補者の満足度に影響を与えます。

5分で読める!ダメ面接官の10の習慣

株式会社ビズリーチ

ダウンロード候補に追加

「ダウンロード候補に追加」でレポートを無料ダウンロードできます。

人材募集の方法

1.求人サイトの利用

求人サイトは、広範な求職者に向けて求人情報を掲載できる効果的な手段です。多くの求職者が利用しており、多様なバックグラウンドやスキルを持つ人材にアプローチできます。

メリット

広範なリーチが可能で、多くの応募を期待できる。求人情報を詳細に設定でき、適切な候補者が応募しやすい。

デメリット

応募者の質を見極めるのが難しく、選別作業に手間がかかることがある。競合他社も同じプラットフォームを利用するため、差別化が求められる。

2.ソーシャルメディアの活用

自社の採用サイトやSNSなどのソーシャルメディアは、企業のカルチャーや価値観を伝える手段として効果的です。求職者との直接的なコミュニケーションを通じて興味を引き、適切な人材を吸引できます。

メリット

特定のターゲットに向けてリーチでき、企業の魅力を効果的に伝えられる。文化フィットのある人材を獲得しやすい。

デメリット

求人情報が埋もれてしまう可能性があるため、戦略的なコンテンツプランが必要。プライバシーや法的制約に気を配る必要がある。

3.キャリアフェアやイベントへの参加

キャリアフェアやイベントは、直接求職者と交流する機会を提供します。リアルタイムで企業の魅力を伝え、個別の相互作用を通じて適切な人材を見つけることができます。

メリット

個人的なコミュニケーションが可能で、候補者の適合性を直接評価できる。積極的な求職者との出会いが期待できる。

デメリット

多くの求職者と短い時間内で接触するため、効率的なスクリーニングが難しい。地理的な制約があり、遠方の候補者と接触できないことがある。

4.自社イベントや交流会の開催

自社イベントや交流会を開催することで、求職者に直接企業の文化や仕事環境を体験してもらう機会を提供できます。

メリット

熱心な求職者が参加しやすく、実際の職場環境を理解できる。参加者の関心に合わせたプログラムを提供し、質の高い出会いが期待できる。

デメリット

組織やイベントの準備にはコストと時間がかかる。参加者数が限られるため、大量の応募者を同時にスクリーニングするのは難しい。

5.人材派遣会社と提携

人材派遣会社と提携することで、専門的な選別作業やリクルート業務の一部を委託できます。彼らのネットワークを活用して優秀な候補者を獲得することが可能です。

メリット

専門家の助けを借りて選別作業が行えるため、効率的な人材獲得が可能。スクリーニングや面接の手間を軽減できる。

デメリット

派遣会社に手数料が発生することがあり、コストがかかる。直接のコミュニケーションが制約されることもある。

6.リファラルを呼びかける

社内の既存社員に対して、知り合いや関係者を推薦するよう促すことで、高品質な候補者を紹介してもらう方法です。

メリット

社員からの紹介は信頼性が高く、文化フィットがある候補者を見つけやすい。既存社員のネットワークを通じて、優秀な人材を獲得できる。

デメリット

社員の参加を促す仕組みやインセンティブが必要。社内外のつながりに頼るため、多様な人材を獲得するには限界がある。

採用面接の内容

会社についての紹介

面接の最初に、企業の概要や歴史、ビジョン、ミッションなどを紹介します。候補者にとって、企業文化や価値観を理解するための重要な情報提供となります。

対象求人についての説明

求人の詳細について説明します。職務内容、役割、責任、必要なスキルや経験などについて詳しく説明し、候補者に求人の理解を深めてもらいます。

候補者による自己紹介

候補者は自己紹介を行います。これによって、個人の経歴、スキル、過去の実績、キャリアの目標などが明らかになります。企業は候補者の適性や文化フィットを評価するための情報を得ることができます。

質疑応答

候補者と企業の双方が互いに質問をする機会です。候補者は企業に関する疑問や求人についての詳細を質問し、企業は候補者の適合性や意欲を確認します。

報酬など条件の交渉

最終段階で、報酬や勤務条件、福利厚生などについて話し合います。候補者と企業の間で合意が得られるよう、交渉や調整が行われます。

5分で読める!採用マニュアル「面接の基本」

株式会社ビズリーチ

ダウンロード候補に追加

「ダウンロード候補に追加」でレポートを無料ダウンロードできます。

採用で悩んだ時は

顧問に相談する

企業の顧問やコンサルタントに相談することで、専門的なアドバイスを受けることができます。彼らは豊富な経験を持ち、採用に関する問題解決のヒントやアイデアを提供してくれるでしょう。

顧問に相談するメリットは、客観的な意見を得られることです。彼らは外部からの視点を持っており、感情に左右されずに問題を評価できます。一方で、顧問に依存しすぎることなく、企業の状況や価値観に合ったアドバイスを受けることが大切です。

社員に相談する

現在の社員に意見やアドバイスを求めることも有益です。特に、採用の際に関わった社員は、求職者とのコミュニケーションや文化フィットについて貴重な情報を持っている可能性があります。

社員に相談するメリットは、現場のリアルな声を聞けることです。社員は企業の内部情報や雰囲気を理解しており、求職者との相互作用を通じて得た洞察を共有できます。ただし、あくまで個別の意見であるため、全体的な判断に反映させる際には慎重に考慮する必要があります。

セミナーに参加する

採用に関するセミナーやワークショップに参加することで、他の企業や専門家の成功事例や考え方などを学ぶことができます。新しいアイデアや方法論を取り入れることで、採用の課題を克服できるかもしれません。

セミナーに参加するメリットは、広い視野を持つことができることです。他の企業の取り組みやトレンドを知ることで、自社の採用戦略の見直しや改善点を見つけることができます。ただし、自社の状況に合ったアイデアを選び出し、適切にカスタマイズすることが重要です。

これらの方法は、採用に関する悩みや課題に対して新しい視点を提供してくれるでしょう。ただし、最終的な判断は自社の状況や価値観に基づいて行うことが大切です。
>>採用に関するセミナーはこちら

まとめ

今回は、上手な人材採用の流れと方法について解説しました。

本サイトでは、経営に関わる様々なお悩みに対する情報をご紹介しています。他の記事もご覧ください。

5分で読める!ダメ面接官の10の習慣

株式会社ビズリーチ

ダウンロード候補に追加

「ダウンロード候補に追加」でレポートを無料ダウンロードできます。

関連記事

おすすめサービス

閉じる
中小企業から日本を元気にプロジェクト

ダウンロード候補に
追加しました!

すぐにダウンロードする
閉じる

削除しました

pageTop