99%の経営者が知らない「企業型確定拠出年金(企業型DC)」まるわかりガイド

提供会社:株式会社アーリークロス

こんな方におすすめです

  • 経営者・役員の退職金準備をしたい方
  • 福利厚生の充実で採用を強化したい方
  • 税金や社会保険料の負担を減らしたい方

資料内容

企業型確定拠出年金(企業型DC)が必要とされる背景

日本では、長く続く少子高齢化の影響により、働く人たちの税金や社会保険料の負担が増え続けています
一方で、増え続けた税金や社会保険料を払い続けたとしても、現在の公的年金制度や社会保障制度だけでは老後豊な生活をすることは困難です。

負担は増え、将来もらえるものは減るという現状の中、
できるだけ現役世代においての現在の負担を減らし、 年金に頼らず有利に受け取れる仕組みが必要です。
その仕組みの中で最も効果的なものが 「企業型確定拠出年金(企業型DC)」です。

本資料は、企業確定拠出年金のことが詳しく分かるガイドブックです。
具体的には、以下内容をまとめています。ぜひ無料ダウンロードしてご一読ください。

✓企業型DCが必要とされる背景
✓企業型DCの仕組み
✓導入効果シミュレーション
✓企業型DCの導入事例
✓導入までのステップ

企業型確定拠出年金(企業型DC)のメリット

企業型確定拠出年金は、「経営者自身の退職金準備」を始めとした法人にとってのメリットに加えて、
貴社で働く従業員にとっての資産形成にも大きなメリットがあります。

以下にポイントをまとめました。
詳しくは資料で解説していますので、ダウンロードしてご一読ください。


【法人にとってのメリット】


【加入者にとってのメリット】


 

企業型DCの優遇措置

企業型DCは、積立た金額を60歳まで引き出せない事を条件に、3つの税制や社会保険料の優遇があります。
※開始時期により、引き出し可能な年齢が変わってきます。


【企業型DCの税制優遇イメージ 〜役員の退職金準備として高い効果!〜】

導入効果シミュレーション(退職金5000万円の作り方)

経営者や役員に退職金5,000万円を支払う場合、通常内部留保からの支払いが必要となり、
法人税を加味すれば、 7,500万円の利益を創出して、2,500万円の法人税を支払う必要があります。
それが企業型DCを活用すれば、同額の退職金を毎月損金計上しながら積立・運用する事で準備が可能となります。

企業型DC導入事例

ダウンロード候補に追加

企業情報

退職金・福利厚生制度として多くの大企業が導入してきた企業型確定拠出年金(企業型DC)制度。近年は導入コストの低下により中小企業でも導入する企業も出てきていますが、メリットが多い一方、導入~運用開始までのハードルが高く、適切に制度の説明から設計、導入支援が出来る企業もまだまだ多くありません。
アーリークロスでは制度設計、投資教育、事務取次に至るまでをワンストップで提供し、 社長やそこで働く従業員の皆様の将来におけるお金の問題を解決するお手伝いをいたします。

会社名
株式会社アーリークロス
住所
福岡市中央区天神4丁目2番31号 第2サンビル5階

関連資料


    Warning: foreach() argument must be of type array|object, bool given in /var/www/vhosts/document.wizbiz.jp/httpdocs/wp-content/themes/wizbiz_download/single-service.php on line 236

Warning: foreach() argument must be of type array|object, bool given in /var/www/vhosts/document.wizbiz.jp/httpdocs/wp-content/themes/wizbiz_download/single-service.php on line 306
閉じる
中小企業から日本を元気にプロジェクト

ダウンロード候補に
追加しました!


Warning: foreach() argument must be of type array|object, bool given in /var/www/vhosts/document.wizbiz.jp/httpdocs/wp-content/themes/wizbiz_download/single-service.php on line 421
すぐにダウンロードする
中小企業から日本を元気にプロジェクト
pageTop